パティシエのためのマテリアルと活用法の情報誌 アントション
パティシエのためのマテリアルと活用法の情報誌
Attention BACK No.

株式会社ケイ・プランニング
〒105-0004 東京都港区新橋6-5-4 DIK新橋422
TEL.03-3436-6861 FAX.03-3436-6496
E-meil kei-plan@mti.biglobe.ne.jp

● 年間購読料(月刊)/¥22,020(消費税、送料込)
● 1冊/¥1,835(消費税、送料込)
月刊誌アトンションは、製菓材料問屋さんでもお取扱い頂いています。【 注文する 】
リストはこちら!
※ご注意 書店ではお求めになれません。

▼バックナンバー一覧
2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010
2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017

《スーパーベーカリー》大集合!
《スーパーベーカリー》大集合!
全国のパン店の方たちに向け、月刊『アトンション』の《別冊特集》として「《スーパーベーカリー》大集合!」を刊行いたしました。
全国で、お客のニーズをつかみ、大きな売上げを上げている《スーパーベーカリー》にスポットを当て、各店の実状と繁盛の秘訣は何かを取材するとともに、定番商品や売上げベスト3も取り上げ、また、座談会で、その魅力を構成するポイントにも迫りました。
《座談会》小川 佳興(『サフラン』千葉・流山)、倉田 博和(『デイジイ』埼玉・川口)
     鈴木 謙允(『シェレンバウム』栃木・宇都宮)
《取材店》石窯パン工房 ばーすでい(宮城県宮城郡利府町)、シェレンバウム(栃木県宇都宮市)、
     デイジイ(埼玉県川口市)、石窯パン工房 サフラン(千葉県流山市)、
     パン焼き小屋 Zopfツオップ(千葉県松戸市)、ピーターパン(千葉県船橋市)、
     モンタボー(東京都港区麻布十番)、トラン・ブルー(岐阜県高山市)、
     たま木亭(京都府宇治市)、石窯パン工房パパベル(香川県丸亀市)、
     石窯パン工房クリーブラッツ(佐賀県鳥栖市)、ベッカライダンケン(鹿児島市)
●価格:1,620円(税込)送料別
●体裁:A4判・カラー、78頁
ジャン=マーク・スクリバントの「材料の裏側」
ジャン=マーク・スクリバントの「材料の裏側」
アトンションNo.225~239に連載され好評を博した、スクリバントさんの「ランヴェール・デ・マティエール」が、未発表のものも加わりCD-ROMレシピ集になりました。
発売日:2010年6月30日
仕 様:CD-ROM、PDFデータ(動画はありません)
定 価:3,090円(消費税・送料込み)
●ジャン=マーク・スクリバント
1962年、フランス生まれ。数店のショコラトリーで経験を重ねた後、85年に独立し、93年にはBrevet de Maîtrise (親方免状)を取得。その後、世界各国で講師やコンサルタントとして活動し、2007年に来日して『パティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ』(東京・高幡不動)でのコンサルティングを経て、『カカオバリー社』専属デモンストレーターに就任し、09年5月に退社。現在はフランスを基点に活動を続けながら、M.O.F.(フランス国家最優秀製菓職人)の取得を目指すとともに、日本にて、自店の出店準備中。また、数々のコンクールにも参加していて、94年の「ジャンマリーシブナレル杯」ではグランプリなど、受賞経験多数。99年には、ローヌ・アルプ地方の「最優秀ショコラティエ賞」を受賞している。著書に「L'envers des matières」(原材料の世界)がある。
アトンションNo.346
No.346 2018年6月発行
●NewShop ガイド/アンヌ国立スイーツ(東京・国立)、ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブル(茨城・つくば)
●特別ルポ _この夏、寒天やアガーなどを、こう使う
 菓子屋カランドリエ(東京・上井草)、菓匠Shimizu(長野・伊那)、
 グリュックス・クレー(奈良・西ノ京)、グリムスハイム(大阪・河内長野)、シュクルボワ(長崎・大村)
●パートスタッフを店の力に!/ベル・エキプ(福岡)
●10年目の肖像/ソワン(仙台・泉中央)、コラージュ(東京・門前仲町)
●私の海外修業/牛島 源希(レセンシエル/東京・茗荷谷)
●《ヴァンドゥーズ》という仕事/髙谷 妃世美(神戸洋菓子工房 バースディ/兵庫・姫路)
●シェフたちが手放せない道具と機器の話/平川 浩治(パティスリー パック/広島・廿日)
アトンションNo.345
No.345 2018年5月発行
●NewShop ガイド/ル・プティ・ボヌール(東京・九品仏)、ベルクルール(兵庫・宝塚)
●特別記事 _洋菓子店での《アイスクリーム商売》
 服部 明
 グラッシェ・アリス(福岡・住吉)、パティシエ コウタロウ(大阪・高槻)、
 ドゥネル(東京・花小金井)、ジェラテリア モン・プチ・クール(栃木・小山)
●私の洋菓子人生/大橋 健二(ププリエ/埼玉・東松山)
●パートスタッフを店の力に!/我東(滋賀・守山)
●10年目の肖像/アニバーサリー(広島)、パティスリー・ラヴィ(山梨・甲斐)
●私の海外修業/小松 里嘉(キュイッソン・ド・オール/長野・松本)
●《ヴァンドゥーズ》という仕事/牧田 咲・渡邊 瑠璃子(ドゥブルベ・ボレロ/大阪・瓦町)
アトンションNo.344
No.344 2018年4月発行
●特別ルポ _2018・春のニュー・ショップガイド
 お菓子工房Kuu(新潟)、パティスリー ル・ダンジョン(群馬・伊勢崎)
 アルノー・ラエール(東京・広尾)、ノーム(広島・祇園)
●パートスタッフを店の力に!/バナナダンス(徳島・北島町)
●シェフたちが手放せない道具と機器の話/中山 洋平(エクラデジュール/東京・東陽町)
●私の洋菓子人生/上田 好孝(スズ屋/奈良・橿原)
●10年目の肖像/パティスリー・グレヌ(新潟)、カプリス(福岡・志免町)
●私の海外修業/木村 忠彦(トレ カルム/東京・千石)
●《ヴァンドゥーズ》という仕事/伊藤 三千代(メルシー/栃木・宇都宮)
アトンションNo.343
No.343 2018年3月発行
●NewShop ガイド/パティスリー 洒落とーる(福岡・平尾)、ヴィラージュ川端(奈良)
●特別記事 _洋菓子店の《パン商売》NOW
 倉田 博和
 ブーランジェ ヤマダ(京都・精華町)、パティスリー タツヒト サトイ(京都・北白川)、
 ブーランジェ パティシエ ワイクニエダ(岐阜・大垣)、パティスリー カルヴァ(神奈川・大船)、
 パティスリー&ブーランジェリー ハル(東京・東陽町)、ケーキとパンの店 MURAKAMI(さいたま・土呂)
●私の海外修業/嶋田 郷士(洋菓子店サクレクール/福岡・粕屋町)
●パートスタッフを店の力に!/パティスリー アッシュ(大阪・堺)
●10年目の肖像/エプルヴェ イシカワ(京都・亀岡)、アン・フォンド・ソレイユ(東京・西葛西)
●《ヴァンドゥーズ》という仕事/岡島 愛(ラ・プラクミーヌ/川崎・柿生)
アトンションNo.342
No.342 2018年2月発行
●NewShop ガイド/パティスリー T シャンティイ(東京・中村橋)、アカハナのトナカイ(大分)
●特別ルポ _今どきの《酒使い》を探る
 パティスリー キスゲ(栃木・鹿沼)、セレネー(東京・根津)、POMPON CAKES(神奈川・鎌倉)、
 カルチェ・ラタン(名古屋)、エトネ(兵庫・芦屋)、リーヴル ディ マージュ(岡山)、夢菓房エル(大分・中津)
●私の洋菓子人生/古田 征士(グランディール/岐阜・多治見)
●パートスタッフを店の力に!/アントルメ菓樹(熊本)
●10年目の肖像/ル・パティシエ・ティ・イイムラ(東京・曳舟)、モン・モ・ディス(愛知・稲沢)
アトンションNo.341
No.341 2018年1月発行
●NewShop ガイド/パティスリーミウラ(名古屋)、エム・ヤスヒコ(東京・東久留米)
●特別ルポ _タルト讃歌
 サンタムール(茨城・守谷)、タルトレット(埼玉・新所沢)、アングレーズ(東京・西荻窪)、
 タルトメッセ(大阪・生玉)、プティトゥ・ペッシュ(大阪・大阪狭山)、NOYU(福岡・桜坂)
●私の洋菓子人生/横田 秀夫(オークウッド/埼玉・春日部)、石塚 伸吾(グラン・クリュ/東京・多摩センター)
●パートスタッフを店の力に!/萬平浪漫(福岡・田川)
●10年目の肖像/サン・マロー(神奈川・二宮)、バーム・ド・フォレスト(岐阜・多治見)
●シェフたちが手放せない道具と機器の話/赤間 佑太(アリュメット/福島・伊達)
注文する! ページトップへ