パティシエのためのマテリアルと活用法の情報誌 アントション
アトンション 今月の表紙
▼No.346 CONTENTS

New Shop ガイド129・130
アンヌ国立スイーツ(東京・国立)
ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブル(茨城・つくば)

特別ルポ
この夏、寒天やアガーなどを、こう使う
寒天やアガーなどの多様な使い方を様々な菓子作りの中に探り、
さらなる新しい使用法の可能性を追う。
■ゲル化剤を夏に生かす
●菓子屋カランドリエ(東京・上井草)
●菓匠Shimizu(長野・伊那)
●グリュックス・クレー(奈良・西ノ京)
●グリムスハイム(大阪・河内長野)
●シュクルボワ(長崎・大村)
■ゲル化剤を使ったレシピ

パートスタッフを店の力に!・25
ベル・エキプ(福岡)

10年目の肖像・66・67
ソワン(仙台・泉中央)
コラージュ(東京・門前仲町)

私の海外修業・46
牛島 源希(『レセンシエル』東京・茗荷谷)

《ヴァンドゥーズ》という仕事・72
髙谷 妃世美(『神戸洋菓子工房 バースディ』兵庫・姫路)

シェフたちが手放せない道具と機器の話・19
平川 浩治(『パティスリー パック』広島・廿日)

NEXT
No.347 2018年7月27日発売
特集 アプリコット万歳!
ページトップへ